FC2ブログ
日常に生かせるすぴりちゅありずむの実践と日々の雑感を書いてみます

開運旅行無事帰還♪
先週、スペイン、フランスの旅から戻ってまいりました。一応ツアー(団体)でしたがそれに一人参加だったのでほぼ海外一人旅のようなものなので、ドキドキ、びくびく、不安でいっぱい(私は日本語しかしゃべれない)だったんですよー。ちなみに結論からいいますと、そんな奇跡体験はしませんでした。(天使が見えたとか、光がみえて啓示を受けたとか)そのかわりなんてゆーんでしょう。日本人である私がほぼアウェーな海外で一人現地の人々といかにコミュニケーションをとって、行きたいところへ行ったり、食事をしたりということで自分の立ち位置を把握するのかで貴重な気づきを得ました。以心伝心は一切通じないと思っていたので、想定問答を英語で書いたメモを用意したり、最低限の言葉を覚えたり。実をゆうとスペインではあんまり自由時間がなかったので、軽い挨拶くらい覚えればOKだったのですが、フランスのパリでは最終日のほぼ一日が自由時間だったので、ちゃんと予定をすごせるか緊張でいっぱいでした。(観光地、メトロではほぼそこらじゅうにスリがいると聞いていたし)なんですけど!パリのみなさんには思ったほど冷たい対応はされなくて、「ぼんじゅー、まだーむ」扱いしてもらえました。なんだか一人前の女性扱いを頂いたようでうれしかったです。や、まぁ十分年齢的には一人前の女性なんですけど、日本だとあんまり一人前の女性扱いされてる感がないので(^^)。出発前によく仕事で海外出張されている同僚の方からくどいほど「基本的な会話は英語でもいいけれど、お店にに入る時は絶対、ぼんじゅー、お金を払うときはめるしー、お店を出るときは、おーぼわと必ず言うこと!これを言わないと人間扱いされないです。」と言われておりました。・・・そのとおりでした。スーパーのレジでもかならず「ぼんじゅー」から。いやあこゆう簡単な会話でもかわすとゆうのグローバルスタンダードって気がします。国際都市ならではなんですかね、すごく印象に残りました。もちろん観光もすごく良かったです。。ルーブル美術館、オルセー美術館、モンサンミッシェル・・・すばらしいです。なんですけれども帰国して思い返すのはやぱり、パリの方々とのコミュニケーションなんですよね。私のメトロの切符の磁気が弱くなって改札を通れなくてどーしよう?と思っているときに「窓口に相談なさいよ」と通りすがりに言ってくれたマダムとか。で私を指導されている高次な方は、こうゆうスピリチュアルではない、人間的な体験を得てもらいたくてパリに行ってもらったとゆうような感じを受けました。そのように瞑想中にメッセージを感じました。帰国してみんが「楽しかった?」って聞くけれど、私はそれには「貴重な体験ができてホントに良かったです。」と答えています。あとは、帰国してからのパリ旅行効果がジワジワでるとうれしいな♪
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © つれづれスピ日記~スピはあけぼの. all rights reserved.