FC2ブログ
日常に生かせるすぴりちゅありずむの実践と日々の雑感を書いてみます

他愛もない前世の記憶
先日会社の昼休みに同僚と何かのきっかけで前世の話になりました。でぃーば、結構ストール、スカーフ、タートルネックなど首周りをポイントにするようなファッションが好きで、ほとんど毎日身に着けてます。ワタシの母親なんかは首がしまるような服ってあんまり着ないのですが(寒冷地に住んでいるくせに)なぜだ?とゆう話になって、午後の就業タイムに突入したのですが、そのときふっと思い出したことがあります。(←思い出す?!)実は中近東やトルコ、モンゴル、シルクロードといった地域に強く郷愁を感じるのですが、あのあたりに住んでいる方々は防砂のために首にスカーフとか、ストールとかまくじゃないですか?(宗教上の理由もあるかもですが)たぶん前世はそのあたりに住んでいて、ストール類が好きで。生まれ変わってもその好きだった記憶がちょっと残っているんじゃないかな~って。昔、前世療法にハマっていて、セッションとかも受けていましたが、結構いろいろな記憶?がイメージできました。けれど。今はあんまり前世からのカルマとか、前世にやり残した課題を現世で実現するとかには食傷気味です。あと前世からのソウルメイトとか(笑)ぶっちゃけ、覚えていないんですものしょうがないじゃない?!ってカンジです。なんとなく今現在自分に持ち上がっている悩み、問題はすべて過去世に問題あるからだって責任転嫁しかねないところとか・・・思い出してどうする。今の自分の悩み、問題は前世からのカルマとかじゃなくて、自分がそれに対してどう向き合うのかって神様(=宇宙とかハイヤーセルフとかでもいいです)から挑戦状を受けているだけだって思うようになりました。だた前述のストールの話はぜんぜんカルマとか関係ないし、ホントだって検証しようもないけど、そうだったら納得できるな~。楽しいな~って他愛もないレベルのお話だと思って書いています。ちなみにこんなワタシでも過去2回くらい、旅先で前世を思い出したことがあります。イタリアでミラノの大聖堂に上っているときと(あ、前にもここ上ったことがある、修道女のときに)日本の奈良にある天川村で(第2次世界大戦のとき関西地方にいた)。ま、これも検証しようもないし、どーでもいい話なんですけど、奈良天川村の時は身近にい男性との関係が気になっていて、「ああ、この関西にいた時にこの人は兄妹で、だから恋愛関係にはならないんだなぁ~」って納得できたので。それはそれでいいんじゃないかなと思っています。基本的には前世カルマ否定論者ですが(笑い)
スポンサーサイト




コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © つれづれスピ日記~スピはあけぼの. all rights reserved.